うじゅらの映画的生態記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カポーティ  梅田ガーデンシネマにて

capote

 1959年,一見静かで平穏なカンザス地方で起こった家族4人惨殺事件を作家トルーマン・カポーティがノンフィクション小説『冷血』として書き上げるまでの経緯を追った,カポーティの伝記的映画。
 本来,人間としてのカポーティは社会的弱者である。親の愛情を知らずに育ち,外見的特長やゲイである事実により,非常に誤解を受けやすい。「誰も本来の僕を見ようとしない」と言いながら,一方では,自分を着飾り,過度に派手な言動や振る舞いをする。他者の目に脅え,他者に理解してもらえない哀しみを抱えつつも,自我を保つ為に他者を見下すことによって自身を支えている彼。
 カポーティの前に現れた犯人ペリー・スミスは,彼と同じように不幸せな幼少期を送り,恵まれない人生を歩んできた人間であったことで,ふたりは無意識にお互いを理解者だと感じたのではないか。しかし,ふたりを引き合わせたのは,残忍な殺人事件とそれを小説化し成功を得ようとするカポーティの野心だ。だから,彼は犯人ペリーを懐柔する意図で「僕たちは友人」という言葉を選んだつもりだったが,そこには彼の無自覚な愛情が見え隠れする。あくまでもカポーティは犯人ペリーを小説の題材として利用するという口実で何度も監獄に出向くけれど,ペリーとの会話では自分について嘘をつかず,すべてを話し分かち合う。ただ一点,小説のタイトルと内容について以外は。心を開いたかのように見えるペリーも犯行の具体的な内容については一切口を閉ざしたままであった。
 ある日,カポーティが面会で訪れると,ペリーは新聞で小説のタイトルが『冷血』であり,朗読会も開かれている真実を知っていた。カポーティが自分を裏切ってきた事実を理解した上で,犯行時の心理を吐露した。強盗に入った家の主人が脅えながらも,とても紳士的だったことで,自らを恥としたと語り,カポーティの裏切りに対し,信実をもって応えたのである。カポーティはペリーの語った「恥」の意味を身を持って知ることになった。
 カポーティはペリーの死刑執行直前に面会し,涙を流す。言葉では取り繕えても,感情が昂ぶり,どうしようもなく流れた涙であろう。その涙には一片の偽りもなかったと思われるのに,最期の瞬間までそばに居てほしいとペリーは「友人」として要求した。
 作家トルーマン・カポーティはペリーの『冷血』な誠意に殺されたのだ。ノンフィクション『冷血』はカポーティ最後の長編作品となった。

ranking
よろしければ1クリックお願いします

スポンサーサイト

シアワセを祈る必要もないほどに

 本日午後5時40分。茶屋町NUのエントランス前で偶然JURIぴょん発見。それもオトコと腕を組んで現れた。それまで家計のことで夫と口論していたのだが,もうそんなことはどうでもよくなって,とっさに後をつけると,オトコ「何か食べる?」JURIぴょん「まだ,お腹空いてなぁい」と甘え口調が聞こえてくるではないかー。どのクチが喋っとんねん!夫「JURIぴょん,脚ほっそー」私「シッ。声が大きい」こちらの警戒心とはウラハラに,JURIぴょんカップルは堂々とデートを楽しんでる。どちらかというとJURIぴょんが積極的。1階でアクセサリーを見ているときも,2階へ向かうエスカレーター,ブティック,片時も手を離さない。とうとう指を絡めてクニャクニャやり始めた。ものスゴイ虚無感に襲われて「もう帰るよッ」と私。怒り気味に帰路に着く。
「僕,握手会のときJURIぴょんにプロポーズして,まだ返事もらってないんだけど。」
「聞いてきたら。お忙しいところ申し訳ありませんがって」
「僕,あのオトコに勝ってるよね」
「背はあなたのほうが高いし,学歴もおそらく勝ってるでしょう。レベルの低い争いだけど,どれをとっても引き分けはあっても負けはないよ」
「ちくしょー。なら僕もJURIぴょんと……」
「あ,収入で負けてる」
「痛いトコ突くねー。毛の量と収入は負けてるかもな。それにしても,おじゃマンボウセンサーで言ってたけど,なにが一途な恋がしたいだよ。なにがまだ運命の人に出会っていないだよ」「でもさー,あれ見かけたヅカファン少なくないはずだよねえ」
「他人の目は気にしてない感じだったね」
「絡めあう指先にぬくもりを確かめ~♪by正塚晴彦」
JURIぴょん,末永くお幸せに。キラキラしてたなあ。
夫「今頃ガイチは一人で焼鳥食べてるよ。気の毒になってきちゃった」だそうです。

 今週末は『太陽』を岸和田ユナイテッドシネマにて,『ブロークン・フラワーズ』を京都みなみ会館にて鑑賞。『ブロークン・フラワーズ』はサントラを買うつもり。『太陽』はオススメしません。
ranking
よろしければ1クリックお願いします

トランスアメリカ  梅田ガーデンシネマにて

20060918150901.jpg

 実の親子だからとか家族だからとか血のつながりとか,そんなことには何の意味もない。たまたま親子という関係にあった人間同士が,様々な葛藤があるなかで,親が子に惜しみない愛情をそそぎ,子がその愛情に甘えながらも応えようとする,そういう過程を経てはじめて真の親子になりうるのではないのか。
 LAでひっそりと暮らすブリーは一週間後に男から女になる性転換手術を控えていた。そこへ過去に一度だけ女性と性交渉をもったときにできたと思われる彼女(ブリー)の息子トビーがNYの拘置所にいると連絡があった。無視を決め込もうとしたが,セラピストの助言により,しぶしぶNYへ向かったブリー。男娼をしながら,ドラッグも所持しているというトビーの保釈金を払い,自分は教会から派遣されたものだと息子に自己紹介する。そうして,ブリーは父親であることを隠したまま,父親と暮らすことを夢見るトビーとNYからLAへ向かう大陸横断の旅に出るのだが……。 
 ブリーは息子の存在は認めながらも,自分が『父親』であることはけして認めようとしない。ブリーの身体は男性であるが,心は女性であり,男性であった過去は葬り去りたいものでしかないからだ。トビーには父親であることを隠し通した。だが,旅を続けるなかで,ブリーとトビーはお互いの弱さを知り,それを愛しいものと受け止め,断ち難い絆を感じるようになる。ついに,トビーはその愛情をセックスという表現でブリーに求めた。トビーにとっては最も残酷な形で,ブリーは真実を告白しなければならなかった。受け入れがたい現実を目の前にしたトビーはブリーを殴り飛ばし,そして姿を消した。
 トビーの拳は哀しみに満ちていて,その拳を通して知った痛みが自分を偽り続けたブリーに,女の心を持ちながら男性として生まれてきた運命そのものを認めて生きていかなければならないという自覚と勇気を与えた。捜索を願い出た際,警察にトビーとの関係を問われ,彼女は一語一語噛み締めるように「I am his father」と答えたのである。
 ブリーはひとりLAに到着し,性転換手術を受けようとしていた。しかし,それはトビーの父親であることも消し去る手術。その手術によって,かけがえのない息子を永遠に失ってしまうのではないかという畏れを抱くブリー。そこで彼女を励ますように流れる曲『Like A Rose』"It's OK. You don't have to be afraid"優しく包み込むようなメロディーと歌詞が印象的。
 手術後,セラピストの前で「トビーが……」と言ったまま言葉が出ず,泣き崩れるブリーを私は胸が潰れるような思いで見ていた。けれど,過去も現在も含めて,ありのままの自分を肯定し,愛することを知ったブリーはしっかりと地に足をつけて人生を歩んでいく。
 ラストには,なんとも温かく飾らない父と息子の姿が描かれていた。過酷な道のりを経てやっと辿り着いた『親子』のあり方に心揺さぶられずにはいられない。

ranking
よろしければ1クリックお願いします

ろんぱを愛してくださる皆さまへ

過去にサーバーを移転する際,初期費用として20万必要になったことがありました。当然,月々の支払いもしなくてはならない。我が家はビンボーなので困ってしまい,その旨をサーバー会社に相談すると,「これだけのアクセスがあるんですから,利用者の方に寄付をお願いしてみたらいかがですか」と提案され,お一人1000円で寄付を募りました。ろんぱを必要としてくださる方は多く,トータルで14万円集まり,その経過はHP上で逐一報告致しました。夏の暑いなか,郵便局まで足を運んでいただいたこと,大切なお金を見知らぬ私に託してくださったこと,いくら感謝の言葉を並べても足りないほど有難いことだと思っています。そのことについて,心無い人たちに口汚く罵られるのは,寄付をしてくださった方々のご好意まで踏みにじられているような気がしていたたまれない気持ちになります。その後の経費については家計から捻出していましたが,そろそろ限界だと感じ,ろんぱ閉鎖のお知らせをしたところ,サーバーを提供してくださるという方が現れ,その方のおかげで現在のろんぱが存在しているのです。

 多くの方のご支持により成り立っているとはいえども,ろんぱは個人サイトなのです。アクセスするのもしないのも利用者の皆さまの自由。もちろん,有料でもない。傲慢な言い方になりますが,私の運営方針がお気に召さないのであれば,無理をなさってろんぱにアクセスする必要はありません。「なんといってもろんぱが楽しい」と私にメールをくださる方は沢山いらっしゃいます。そういったろんぱを楽しんでくださる方のための場として存在しているのですから,その場に不平不満を感じられる方は,どうかご自分で理想郷を開拓なさってください。削除依頼に関しても,全く受け付けてもらえないという方がいらっしゃいますが,その一方で100%削除してもらえているという方もいらっしゃいます。すべては価値観の相違によるものです。私は私なりに管理者として役目を果たしているつもりですので,価値観の違う方はその思い描かれる管理者像を他者に求めるのではなく,ご自身で到達なさればよろしいかと思います。

  Qさんの件について。Qさんに対して行ったような追及手段を取った例は過去にも数多くあります。そのたびに,精神的にも肉体的にも限界まで疲弊しましたが,ろんぱを守りたい一心で行ってきました。今回,表沙汰にしたことで,私のやり方に対する批判の声があがりましたが,ひとつ言えることは,一利用者と管理者では立場が違い,必然的に見えるものも感じ方も変わってくるということです。また,過去の経験における反省点として一番に感じていたのは,実際に対峙し会話した相手を最終的に許すことが出来なかった私自身の狭量さです。Qさんに対しては,その点を踏まえた上で,言葉よりも心を持って接しようとしました。Qさんは大変聡明な方で,そんな私の思いをすべて読み取ってくださいました。泣きたいのはQさんのはずでしょうに,私の方が先に涙をこぼしてしまい,逆にQさんから慰めていただいたのです。そのとき,このような出逢いは大切にしなくてはならないと強く感じ,「お友達になってくださいますか」と尋ねると,「嬉しくて泣きそうです」と答えてくれました。その後は,すっかり打ち解けて一緒に食事をしたり,お茶をしたりして過ごしました。
 Qさんと昨日も電話で話したのですが(内輪の会話なので言葉は乱暴です),
「どこから壮大なプレゼンなんて話出てくるんだよ」
「いやあ,たまたま自分がプレゼンした直後で,そういえば頭筋肉のイメージの強かったワタルが大学受験とかいって知的な雰囲気醸し出してるから,プレゼン話作ったんだけど,よくよく考えてみると中卒がそんなノウハウ持ってる訳ないと思って,誰か突っ込んでくれないかなと期待してたんだけど誰も突っ込んでくれなくて。自分では突っ込めないし。さすがにコムの退団させてくれないなら,死にます発言でバレるだろうと思ってたら,コムならそう言うかもなんてレスする人がいるから引くに引けなくなって。しいちゃんはどうとか聞かれても,しいちゃんを思い出すのに必死で,そうだ,あの人は多分良い人だという思いつきでしかなくて。ゆみこはもう全然わかんなかった。私に聞かれてもわかんないよー」
「生徒さんに謝れって言ってる人いるよ」
「とうこさんに関しては何も言い訳できなくて,申し訳なかったと思ってます。水さんにも申し訳ないと思うんだけど,実際に私が罹った病気で,宇多田ヒカルも同じ病気だし,自分がそれで入院した経験があるから,そんなに重大に受け止められるとは思わなかった。軽はずみでした。2ちゃんねる読んでるとホント腹が立ってきて,でも私がしたことはあの人たちと同じことなんだよね。人の痛みのわからない人間じゃないはずだったのに,とても恥ずかしい。」
という会話からもわかるように,単純にQさんは自らの文章力を試してみようと始めたけれど,質問されるごとに追いつめられ困り果てていたというのが事の真相です。 
 QさんのスレッドでQさんから謝罪があった後,私がQさんを褒めるような書き込みをしたことに,反感を感じるとのお言葉をいただきましたが,あの発言はそれを意図したものであるので当然でしょう。高みの見物を決め込む者への皮肉,勇気を示された方への敬意,色んな思いを込めて書いたのですから。

 最後になりましたが,私のようなひねくれ者を見守ってくださり,ろんぱをこよなく愛してくださる皆さま,心よりお礼申し上げます。本来なら,お一人お一人にお会いして感謝の意をお伝えするべきところですが,このような場から述べる無礼をお許しください。至らぬ点も多いかと存じますが,精進して参りますので,今後とも従来に変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 

はじめまして,入谷さま

 まずは,トラックバックありがとうございます。
そして,私に寄せてくださったご意見ご感想に感謝して,コメントを書かせていただきます。私にはOSKを語る資格も興味もないので,あの論争をはたで見ているしかないのかなと思っておりましたが,その傍観者である私を非常に不愉快にさせる論争のあり方について,ブログ上で意見を述べさせていただきました。
 私は,プロの芸能人たるもの,どのような批判も甘んじて受けるべし,基本的人権を侵さないものでさえあれば,悪口雑言なんでも自由に発言していい,みんな仲良くケンカしな,という意見の持ち主であります。運営しているサイト(宝塚論破ぁ・る~む)においても,そうした自由で活発な雰囲気を貫いているため,管理人たる私自身,常に批判の対象であり,基本的人権すら守られない誹謗中傷を受けることも日常茶飯事ですが,あえて反論しません。この姿勢は貫き通したいものですし,ウジュラという存在が,入谷さんを含める他のブログやサイトの運営者とは一線を画すことに繋がっていると思います。つまりは,ナマハンカな気持ちで「なんでもあり」と言っているわけではないということをご理解いただきたいのです。
 話は変わりますが,入谷さんの論じ方の特徴で気になる点を申し上げますと,他者の意見を読んで,私にはこういう風に捉えることが出来る,だからこういう風な結論になるんですかねという具合に,他者の意見を直で受け止めず,入谷さんご自身の妄想で膨らませた「他者の意見」を作り上げ,その自らの勝手な妄想に対する批判を展開するという,非常に厄介な傾向があります。たとえば,私(ウジュラ)の「子供心にも東雲あきらはエライ人なんだなと尊敬すらしていた。真のスター性とはそういう目に見えない影響力を示すものではないだろうか。」という意見だけを取り上げ,でもねーピンクさんは東雲さんを批判してるよと来る。こちらとしては,ピンクさんの東雲さんに対する批判は百も承知の上で,東雲さんの舞台を実際に体験されてきたピンクさんに敬意を表しているというのに。また,『うじゅらさんの意見を見たら、私なんかはじゃあやっぱりトップが長期在任して自分の名前とともに劇団の知名度上げるほうが、宝塚みたいに「トップがころころ変わるから覚えきれない」と言われるよりマシじゃないか?と思ってしまいますけどね。』これにはあきれました。私は,長期在任=スターと劇団の知名度がともに上がるなどと間抜けなことを書いた覚えはありませんが,入谷さんは私の意見を読んで,勝手な思い込みをふくらませて批判なさる。ピンクさんのブログの中で,入谷さんがピンクさんを批判されるときも,こうした傾向がうかがえます。自分が批判しやすいように,相手の意見や立場を捻じ曲げようとする姿勢が目立つことは,余り感心しませんが。
 ただ,入谷さんが指摘してくれたように,私が「ピンクさんを集団で追いつめた」とひとくくりに書いたことは確かに乱暴でした。midorikoさんのように,他人の痛みに敏感で心優しく,しかもエレガントで知性溢れる方もいらっしゃるのに。
 私たちは,ブログやサイトの向こう側に斬れば血の出る人間がいることをしばしば忘れがちです。今回,ピンクさんが倒れて血を流しているときに,どういうコメントをかけてあげるかでその人の人間性を読み取ることができるような気がします。実際に,midorikoさんが何とかフォローしたり,空気をあたためようと腐心されたりしているのに,それを読めずに砂糖がどうたらという自分のネタを振り回す青木さんをはじめとして,ほとんどの人がピンクさんの心情を思いやろうとしていないのが驚きでした。そんな中,青木さんがmidoriko さんをお茶に誘うコメントを発していますが,midoriko さんはやんわりとかわして,ピンクさんをお茶に誘おうとしています。どちらが人間として品があるかは,言うまでもないでしょう。
 入谷さん,私は,意見の合わない人に関与するなと言うつもりはありません。一人前にブログやサイトを運営する力があるのなら,ケンカをする相手を選びなさいと言いたかったの。今回の論争は議論でもなければ,対話でもなく,どうみてもイジメになっていた。議論好きのHiroshiさんが,ご自身のブログで議論の場に立つための最低条件を書いているけれど,技に溺れるばかりに大前提を書き忘れている。繰り返しになるけど,議論をする相手は顔は見えなくとも斬りつければ血の流れる生身の人間だということ。
入谷さんをはじめとして,今回の論争に加わった方々は,それぞれ武器を持って戦いに挑んだ。ピンクさんも武器を持っているように見えたかもしれないが,すぐにそれは玩具であると分かったはず。それでも容赦なくあなた方はピンクさんに襲い掛かった。プロのボクサーは,ケンカをふっかけられても決して殴らない。無視したらいいんです。
 
 「ピンクさんの傷口から血が流れているのを見なかったか。悲鳴は聞こえなかったか。文字はときに人の命を奪う力を持つことを知らないのか。血を流して悲鳴をあげている人間を目の前にしながら,空気を読めず,砂糖の話を繰り広げるヤツはいなかったか。私は見たぞ。責めるべきはその女の愚鈍な感性ではないのか。違うと言えるヤツは出て来い!」そんな怒りを感じたからこそ,私はブログで,今回の論争を批判的に取り上げたのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。