うじゅらの映画的生態記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして,入谷さま

 まずは,トラックバックありがとうございます。
そして,私に寄せてくださったご意見ご感想に感謝して,コメントを書かせていただきます。私にはOSKを語る資格も興味もないので,あの論争をはたで見ているしかないのかなと思っておりましたが,その傍観者である私を非常に不愉快にさせる論争のあり方について,ブログ上で意見を述べさせていただきました。
 私は,プロの芸能人たるもの,どのような批判も甘んじて受けるべし,基本的人権を侵さないものでさえあれば,悪口雑言なんでも自由に発言していい,みんな仲良くケンカしな,という意見の持ち主であります。運営しているサイト(宝塚論破ぁ・る~む)においても,そうした自由で活発な雰囲気を貫いているため,管理人たる私自身,常に批判の対象であり,基本的人権すら守られない誹謗中傷を受けることも日常茶飯事ですが,あえて反論しません。この姿勢は貫き通したいものですし,ウジュラという存在が,入谷さんを含める他のブログやサイトの運営者とは一線を画すことに繋がっていると思います。つまりは,ナマハンカな気持ちで「なんでもあり」と言っているわけではないということをご理解いただきたいのです。
 話は変わりますが,入谷さんの論じ方の特徴で気になる点を申し上げますと,他者の意見を読んで,私にはこういう風に捉えることが出来る,だからこういう風な結論になるんですかねという具合に,他者の意見を直で受け止めず,入谷さんご自身の妄想で膨らませた「他者の意見」を作り上げ,その自らの勝手な妄想に対する批判を展開するという,非常に厄介な傾向があります。たとえば,私(ウジュラ)の「子供心にも東雲あきらはエライ人なんだなと尊敬すらしていた。真のスター性とはそういう目に見えない影響力を示すものではないだろうか。」という意見だけを取り上げ,でもねーピンクさんは東雲さんを批判してるよと来る。こちらとしては,ピンクさんの東雲さんに対する批判は百も承知の上で,東雲さんの舞台を実際に体験されてきたピンクさんに敬意を表しているというのに。また,『うじゅらさんの意見を見たら、私なんかはじゃあやっぱりトップが長期在任して自分の名前とともに劇団の知名度上げるほうが、宝塚みたいに「トップがころころ変わるから覚えきれない」と言われるよりマシじゃないか?と思ってしまいますけどね。』これにはあきれました。私は,長期在任=スターと劇団の知名度がともに上がるなどと間抜けなことを書いた覚えはありませんが,入谷さんは私の意見を読んで,勝手な思い込みをふくらませて批判なさる。ピンクさんのブログの中で,入谷さんがピンクさんを批判されるときも,こうした傾向がうかがえます。自分が批判しやすいように,相手の意見や立場を捻じ曲げようとする姿勢が目立つことは,余り感心しませんが。
 ただ,入谷さんが指摘してくれたように,私が「ピンクさんを集団で追いつめた」とひとくくりに書いたことは確かに乱暴でした。midorikoさんのように,他人の痛みに敏感で心優しく,しかもエレガントで知性溢れる方もいらっしゃるのに。
 私たちは,ブログやサイトの向こう側に斬れば血の出る人間がいることをしばしば忘れがちです。今回,ピンクさんが倒れて血を流しているときに,どういうコメントをかけてあげるかでその人の人間性を読み取ることができるような気がします。実際に,midorikoさんが何とかフォローしたり,空気をあたためようと腐心されたりしているのに,それを読めずに砂糖がどうたらという自分のネタを振り回す青木さんをはじめとして,ほとんどの人がピンクさんの心情を思いやろうとしていないのが驚きでした。そんな中,青木さんがmidoriko さんをお茶に誘うコメントを発していますが,midoriko さんはやんわりとかわして,ピンクさんをお茶に誘おうとしています。どちらが人間として品があるかは,言うまでもないでしょう。
 入谷さん,私は,意見の合わない人に関与するなと言うつもりはありません。一人前にブログやサイトを運営する力があるのなら,ケンカをする相手を選びなさいと言いたかったの。今回の論争は議論でもなければ,対話でもなく,どうみてもイジメになっていた。議論好きのHiroshiさんが,ご自身のブログで議論の場に立つための最低条件を書いているけれど,技に溺れるばかりに大前提を書き忘れている。繰り返しになるけど,議論をする相手は顔は見えなくとも斬りつければ血の流れる生身の人間だということ。
入谷さんをはじめとして,今回の論争に加わった方々は,それぞれ武器を持って戦いに挑んだ。ピンクさんも武器を持っているように見えたかもしれないが,すぐにそれは玩具であると分かったはず。それでも容赦なくあなた方はピンクさんに襲い掛かった。プロのボクサーは,ケンカをふっかけられても決して殴らない。無視したらいいんです。
 
 「ピンクさんの傷口から血が流れているのを見なかったか。悲鳴は聞こえなかったか。文字はときに人の命を奪う力を持つことを知らないのか。血を流して悲鳴をあげている人間を目の前にしながら,空気を読めず,砂糖の話を繰り広げるヤツはいなかったか。私は見たぞ。責めるべきはその女の愚鈍な感性ではないのか。違うと言えるヤツは出て来い!」そんな怒りを感じたからこそ,私はブログで,今回の論争を批判的に取り上げたのです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。