うじゅらの映画的生態記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カポーティ  梅田ガーデンシネマにて

capote

 1959年,一見静かで平穏なカンザス地方で起こった家族4人惨殺事件を作家トルーマン・カポーティがノンフィクション小説『冷血』として書き上げるまでの経緯を追った,カポーティの伝記的映画。
 本来,人間としてのカポーティは社会的弱者である。親の愛情を知らずに育ち,外見的特長やゲイである事実により,非常に誤解を受けやすい。「誰も本来の僕を見ようとしない」と言いながら,一方では,自分を着飾り,過度に派手な言動や振る舞いをする。他者の目に脅え,他者に理解してもらえない哀しみを抱えつつも,自我を保つ為に他者を見下すことによって自身を支えている彼。
 カポーティの前に現れた犯人ペリー・スミスは,彼と同じように不幸せな幼少期を送り,恵まれない人生を歩んできた人間であったことで,ふたりは無意識にお互いを理解者だと感じたのではないか。しかし,ふたりを引き合わせたのは,残忍な殺人事件とそれを小説化し成功を得ようとするカポーティの野心だ。だから,彼は犯人ペリーを懐柔する意図で「僕たちは友人」という言葉を選んだつもりだったが,そこには彼の無自覚な愛情が見え隠れする。あくまでもカポーティは犯人ペリーを小説の題材として利用するという口実で何度も監獄に出向くけれど,ペリーとの会話では自分について嘘をつかず,すべてを話し分かち合う。ただ一点,小説のタイトルと内容について以外は。心を開いたかのように見えるペリーも犯行の具体的な内容については一切口を閉ざしたままであった。
 ある日,カポーティが面会で訪れると,ペリーは新聞で小説のタイトルが『冷血』であり,朗読会も開かれている真実を知っていた。カポーティが自分を裏切ってきた事実を理解した上で,犯行時の心理を吐露した。強盗に入った家の主人が脅えながらも,とても紳士的だったことで,自らを恥としたと語り,カポーティの裏切りに対し,信実をもって応えたのである。カポーティはペリーの語った「恥」の意味を身を持って知ることになった。
 カポーティはペリーの死刑執行直前に面会し,涙を流す。言葉では取り繕えても,感情が昂ぶり,どうしようもなく流れた涙であろう。その涙には一片の偽りもなかったと思われるのに,最期の瞬間までそばに居てほしいとペリーは「友人」として要求した。
 作家トルーマン・カポーティはペリーの『冷血』な誠意に殺されたのだ。ノンフィクション『冷血』はカポーティ最後の長編作品となった。

ranking
よろしければ1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。